社会福祉法人光洋会 幼児連携型認定こども園 みなとこども園共育と安心の基地であるこども園

お問い合わせ

保育内容

教育・保育の理念

共育と安心の基地であるこども園。

めざす子ども像

  • 自ら考え行動できる子(主体的な活動ができる子)
  • やりたいことがやれる子(意欲的な子)
  • 自分を好きになれる子(自尊感情が持てる子)
  • 人の喜びを喜べる子(おもいやりのある子)

保育の特色

当園では、藤森メソッド「見守る保育」を行っています。子どもは日常の生活やあそびの中から、様々な体験を通して学び、成長します。藤森メソッド(見守る保育)では、子どもの主体性、自発性を大切にし、職員がチームになって、子どもの育ちを支えます。

午前中は、「ねらいに基づいた課題あそび」を行います。花クラス「たんぽぽ組、すみれ組」はそれぞれの組担当者が、空クラス(星、雪、月組)は空クラス担当者がチームを組み、個々の発達に応じた保育に取り組みます。課題あそびでは、より子どもの主体性を引き出すために、※5つの保育形態を実践しています。

それ以外は、「子どもの自発的なあそび」の時間です。保育者の意図が反映された環境(ゾーン)の中で、子どもが興味関心を持ったゾーンを選び遊びます。

※5つの保育形態

  • 心の習熟をめざす「選択性保育」
  • 身体の習熟をめざす「習熟度別保育」
  • 経験・体験をめざす「順序性保育」
  • 発達過程に関する活動「年齢別保育」
  • 全員で周知する時の「一斉保育」